急な引越し 業者の調べ方

アート引越センターなど一部の引越し業者にもサービスがあります

 

引越し前夜は冷蔵庫もからっぽになっているでしょうから、
外食等ので済ませ、翌日のためにも早めに就寝します。

 

次の日、作業スタッフが来たら、用意してある場合は
作業スタート前に心づけ(1000〜2000円くらいが一般的)を、人数分渡します。
要らないという人もいますが、もらうとやる気が出るものです。
折角なので引越しの後よりも、作業スタート前に渡しましょう。

 

現金に抵抗がある人は、作業の後でも飲める
缶かペットボトルのドリンクを渡すといいでしょう。

 

運搬の途中で、もしも破損等のの事故が起きた場合は、
作業員のリーダーに事故証明書を出してもらいます。

 

電気は、玄関付近にある分電盤をチェックして、

 

また、ピアノの運搬後は、普通音は狂いがちです。
引越した後は、調律してもらいましょう。

 

そうでない場合、運ぶのは専門のスタッフかのか、そもそも引き受けてもらえるか
業者にしっかり尋ねておく必要があります。
ピアノの引越しだけを専門の業者に頼むのも良いでしょう。

 

ピアノ引越しの専門スタッフなら、調律やクリーニングを
引き受けているところが当たり前ですし、
アート引越センターなど一部の引越し業者にもサービスがあります。

 

ピアノの引越しは本当に大変です。
水道は水道メーター付近の元栓を開ければ、使えるようになります。

 

引っ越す時は、エアコン、ガスコンロ、照明装置など

 

新居に入ったら作業員がまだいる間にチェックしておくといいですね。

 

 

重いし、大きいし、しかも、非常に繊細なので
丁重に移動しなければダメです。

 

 

残したままにしないように。
ほかには、駐輪場の自転車も置いていく人が少なくないそうです。

 

荷物の運び出しが完了したら、それまで住んでいた
部屋のそうじをしましょう。
新築のようにキレイにしなくてもいいですが、
状態確認などで不動産屋に立ち会ってもらわなければなりません。
そこそこはキレイにしておきましょう。

 

ガスの方は、ガス会社の作業員に見てもらって、
元栓を開けてもらいます。

 

両方とも、利用開始のハガキが付けられているので、
出しておきましょう。

 

破損は、何日も経ってから言い出すと水掛け論になりがちなので、
気になる家具や家電、食器等の破損しやすいものは、
引越し業者の中でも、明確に「ピアノの運送」が
プランの中に含まれているところでは、

 

後日、補償を受けるのに必要です。

 

新居に到着したら、電気、水道を使い始めましょう。

 

ピアノ移送の専門スタッフに外注しているところが当たり前です。
ブレーカーをオールONにしたら、使用可能です。